情報共有システム information bridge – 情報共有システム(ASP)の利用について

建設現場から生まれた本当に使える情報共有システム [information bridge -インフォメーション ブリッジ-]のオフィシャルホームページ。容易な操作で電子納品要領・基準に適合できるよう、現場の流れと違和感のない操作で工事情報処理をスムーズにこなします。

情報共有システム [Information Bridge] · 情報共有システム [Information Bridge]

情報共有システム [information bridge]のQ&Aページ。 回線速度について information-bridgeでは、電子国土の機能を利用し、位置情報を取得する機能など一部表示に若干の時間を要するページがあります。

株式会社アイサス 〒920-0016 石川県金沢市諸江町中丁171-1 梅信ビル2f tel.076-208-3420 fax.076-262-1550

ASPシステム「information-bridge」とは 「information-bridge」(以下、「当システム」とする)とは建設工事に関わる業務の中で発生する情報を受注者、発注者を含む関係者が必要に応じて共有するための「情報共有システム」です。

情報共有システム information bridge の背景: アイサスの工事施工に伴う受発注者間の情報共有システム. information bridge は現場業務経験者が設計したシステム「現場から生まれた本当に使える情報共有システム」です。

株式会社アイサス 〒920-0016 石川県金沢市諸江町中丁171-1 梅信ビル2f tel.076-208-3420 fax.076-262-1550

石川県発注工事で情報共有システム [information bridge]のご利用方法をご案内します。

情報共有システム操作講習会(秋田開催:2020.03.10・2020.03.11・2020.03.12)の詳細ページ。実際のシステムの操作体験をしながら情報共有システム [information bridge -インフォメーション ブリッジ-]の各機能や便利な活用方法を習得することができます。

タイムアウトしました。再度ログインしてください。

(受注者用) システムへ入るにはログインid、パスワードの入力が必要です。 ログインid パスワード 次回からログインidとパスワードの入力を省略する(自動ログイン機能)

・工事情報共有システム(ASP)ご利用について ・工事情報共有システムお申込み及び工事終了の流れ 公共工事における「工事情報共有システム」(Information Bridge)のご利用については該当の行政団体をクリックして下さい。

information bridge. information bridgeとは タイトルは「情報共有システムについて」です。

株式会社アイサス 〒920-0016 石川県金沢市諸江町中丁171-1 梅信ビル2f tel.076-208-3420 fax.076-262-1550

現場シェア Netのサイトです。現場ホームページ作成ツールを用いて地域住民の方々へ工事の情報発信とコミュニケーションを向上させ、発注者へのアピールに繋げます。

道路河川等管理情報システムの 年4月1日より一般社団法人へ移行いたしました。 ㈱アイサス 長野県発注工事における 「情報共有システム(information bridge)」

情報共有システム実証実験 情報共有システム実証実験は、平成27年10月30日公告案件まで対象となっております。 平成27年11月1日 以降公告案件からの情報共有システムについては こちらから 建設部

県から情報のアップロード (株)アイサス information bridge. 申請中 (許可が下りるまではメールか手渡し) (株)建設システム 工事情報共有システム: 申請中 (許可が下りるまではメールか手渡し) 川田テクノシステム(株) basepage. 申請中

アイサスの情報共有システム『インフォメーションブリッジ』の技術や価格情報などをご紹介。毎年3,000件以上の工事で利用されています!。イプロス都市まちづくりではその他ソフトウェアなど都市技術情報を多数掲載。

発注者の一部の方で、情報共有システムにログインできない事象が発生しています。 本事象への対応策として、2019年9月19日付けで総務部技術企画様より通知メールが送付されております。

[PDF]

information bridge 情報共有システム(ASP)の利用について (6)工事書類等入出力・保管支援機能 システム上に保管したデータを保管管理するために外部保存する。 6. 工事発注時の情報共有システムに

株式会社アイサス 〒920-0016 石川県金沢市諸江町中丁171-1 梅信ビル2f tel.076-208-3420 fax.076-262-1550

[PDF]

information bridge 情報共有システム(ASP)の利用について (6)工事書類等入出力・保管支援機能 システム上に保管したデータを保管管理するために外部保存する。 6. 工事発注時の情報共有システムに

アイサスの情報共有システム『インフォメーションブリッジ』の技術や価格情報などをご紹介。毎年3,000件以上の工事で利用されています!。イプロス都市まちづくりではその他ソフトウェアなど都市技術情報を多数掲載。

公共工事の建設現場を知り尽くした企業が、品質・生産性向上を図れるシステムの構築を目指し、情報共有システム「information bridge」を開発。 インターネット上で受発注者間の情報共有がスムーズに行える、画期的なシステムです。

専門スタッフによる、親切丁寧なサポートで導入後も安心してお使いいただけます。 また、情報共有システム蓄積情報の暗号化、通信の暗号化、アクセス制御による不正アクセス防止、改ざん防止など万全のセキュリティで安心してご利用いただけます。

県から情報のアップロード (株)アイサス information bridge. 申請中 (許可が下りるまではメールか手渡し) (株)建設システム 工事情報共有システム: 申請中 (許可が下りるまではメールか手渡し) 川田テクノシステム(株) basepage. 申請中

[PDF]

32 HR-070031 情報共有システム [information bridge] 33 KK-070004 TB工法(タッチボンド工法) 34 KK-070006 キャプロア(caproa) 35 KK-070008 抵抗板付鋼製杭基礎(ポールアンカー100型) 36 KK-070009 枠組足場用布板「セイフティウォーク」 37 KK-070010 目地プロテクトシール 38 KK-070014 勾配

工事情報共有. 国土交通省「工事施工中における受発注者間の情報共有システム機能要件」に対応し、情報共有の基本となる機能を網羅しています。9,000を超える現場での経験に基づき、日々進化を遂げています。 くわしく≫

発注者の一部の方で、情報共有システムにログインできない事象が発生しています。 本事象への対応策として、2019年9月19日付けで総務部技術企画様より通知メールが送付されております。

豊で活力の溢れた社会の実現に貢献する株式会社アイサス. 株式会社アイサスは、主にコンピューターソフトウエアの開発、製作、販売、導入支援、教育訓練、保守、管理等を行っている会社です。

[PDF]

32 HR-070031 情報共有システム [information bridge] 33 KK-070004 TB工法(タッチボンド工法) 34 KK-070006 キャプロア(caproa) 35 KK-070008 抵抗板付鋼製杭基礎(ポールアンカー100型) 36 KK-070009 枠組足場用布板「セイフティウォーク」 37 KK-070010 目地プロテクトシール 38 KK-070014 勾配

2019.04.09 業務履行中における受発注者間の情報共有システム機能要件(Rev.1.1)に対応 2017.04.03 【重要】「工事情報共有システム」事業譲渡に関するご案内

2005年10月に石川県で開業以来、利用拡大を続けている弊社の「工事施工中の情報共有システムinformation bridge」。 利用実績拡大に伴い、システム開発・プロジェクト管理業務も多岐にわたって

工事情報共有システムの試行要領の一部改正について― 京都府 ― 2019.08.26: 京都府土砂等による土地の埋め立て等の規制に関する条例の一部改正等について― 京都府 ― 2019.08.22: 2020 年東京オリンピック・パラリンピック競技大会施設工事における

情報共有システムで躍進 (情報誌ISICO 設立20周年記念誌(vol.106)掲載 2019.6発行) 掲載の情報は投稿による情報も含まれています。

プロジェクト管理に最適な情報共有クラウドサービス tsCollaborationは、社内外/国内外プロジェクトにおいて、情報漏洩のリスクを防ぎ、効率的な情報共有をご支援します。 強固なセキュリティ機能、多言語メニュー表示

Infrastructure Information Management)の新たな 構想が打ち出された。 上に精緻な仮想構造物の形状を表現するだけでな く、材料・部材の仕様・性能・数量、コスト情報等、 実構造物としての属性情報をも併せ持った情報の集 合体を3次元モデルで構築することで

・鋼桁橋の設計照査システム「APOLLO」と鋼橋製作情報システム「CastarJupiter」 NETIS登録: 2013年 ・形状検査・作図モデル化システム「VFORM」販売開始 : 2014年 ・既設橋の復元設計システム特許取得、エンジニアリングサービス開始

情報共有システム[information bridge](PDF:1,203KB) その他: CALS関連技術(その他) 工事施工中の受発注者間の情報共有システム: 株式会社アイサス: c-17008: 工程管理機能付きASP型工事情報共有システム[BeingCollaboration PM](PDF:526KB) その他: CALS関連技術(その他)

アイサスの情報共有システム『インフォメーションブリッジ』の製品カタログが無料でダウンロード。毎年3,000件以上の工事で利用されています!。イプロス都市まちづくりでは多数の建設技術のカタログや事例集が無料でダウンロード。

2005年10月に石川県金沢市で開業以来、利用拡大を続けている弊社のシステム「工事施工中の情報共有システムinformation bridge」 さらなる利用拡大を目指して、2016年8月には西の拠点として、岡山市内に中・四国支店をオープン。 東の拠点として、2018年4月に東京支店をオープンしました。